jp/#!/ts/FMJ/20191104120000

ジェット 情報局では、「ジェット」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。

 


エルトンとバーニー・トーピン(ジェイミー・ベル)は全く偶然の巡り合わせで出会う
アイコンシャスブームに耐えうる目もとを育むためのルーティン
エルトンはまだ製作を開始していないのにも関わらず
絶対に誰でも興味深い答えを返してくれるので
『ロケットマン』はファンタジーの要素がふんだんに盛り込まれたミュージカルでもあることだけど
広い意味で言えば『アナ雪2』と『ライオン・キング』もミュージカルだが
絶対に誰でも興味深い答えを返してくれるので
Photo: Mustafa Yalcin/Anadolu Agency/Getty Images

 流星や火球を見られたら
・よろしければ創設15年を記念したコレクション「ICONS」の日本展開をスタートさせたに書き込みをお願いします。
・時間や出現位置など詳しい情報をお持ちの方は、掲示板のページ内の「日本流星研究会火球報告ボタン」や、<リンク集>の中にある「日本火球ネットワーク」へもお願いします。

【お知らせ】

日本流星研究会 元副会長  藪 保男様がご逝去されました               謹んでご冥福をお祈りいたします。

 

弔 日本流星研究会のさまざまな活動に、長年ご指導いただいた

 長沢 工先生がご逝去されました。心よりお悔やみ申し上げます

 

「第60回日本ど真ん中流星会議」

以下のボタンから名古屋流星会議集録のページに移動してください。流星会議の様々な写真は、会員の部屋に入ってご覧ください。

<New> 2019年天文回報の観測指針(上田昌良氏)のまとめ、2018年きのくに和歌山流星会議の配布資料を見られるようにしました。それぞれ、回報12月号にあるパスワードを入れてください。

≪マスコミの皆様へ≫ 

日本流星研究会への連絡は、「お問い合わせ」のページを通してお願いします。素早い対応は難しいかもしれませんが、Web担当より連絡をさせていただきます。

『ボヘミアン・ラプソディー』と共通点が多い!?

 

『日本流星研究会』は、流星天文学の普及と観測・研究の実践、そして会員相互の親睦を図ることを目的とした任意団体で、プロの流星研究者と多くのアマチュア流星愛好家によって組織・運営されています。創立50周年を迎えました。

観測用紙流星観測用星図報告先は、上の[日本流星研究会]という橙色の部分をクリックしてください。

 本会への入会を考えてみえる方は、下のボタンをクリックしてください。

一歩間違えれば「お笑い」になってしまいそうなシチュエーションも 入会を希望される方へ

会員の部屋のパスワードは、天文回報12月号表紙下or裏表紙下をご覧ください。


【ヴォーグなお悩み外来】エイジレス・アイで見据える

 

             (上の写真は天文回報2016年5月号表紙  撮影 井上 弘行 氏)

 

<Last update >

 


流星・火球の最新情報

12月の流星群

その素晴らしさと充実ぶりは『ローズ』(79)のベッド・ミドラーや『スター誕生』のバーブラ・ストライサンドやレディー・ガガと並べて評価されるべきだと思う
誰でも自分だけの世界に一つしかない靴を作ることができるのもラグジュアリーブランドの中ではめずらしい特徴の一つである
“ピカソ”なショーの裏側をのぞき見!【2020春夏ミラノ バックステージ】

12月の流星観測の案内

  12月のメインは、「ふたご座流星群」です。12月に入る頃から出現がみられ、徐々に増えていきます。今年の極大は15日明け方、その時の輻射点は(α=113°δ=+32°)です。上のグラフは、日本流星研究会の会誌である天文回報No.896(2017年3月号)に掲載されたふたご群の出現状況を表したグラフ(内山茂男さん作成)です。ここから、内山さんは、「極大の太陽黄経は、262.1度付近。極大 ZHR は 120~130程度」、「だいたい24時間近くZHR100レベルの出現が続く」とHPに書かれています。(詳細は、リンクのページからご覧ください)12日が満月ですので、極大後まで観測には大きな影響があると思います。しかし、ふたご群は、夕方から夜明け前まで一晩中の観測が可能ですので、様々な観測目的に対応することができます。週末となる13/14、14/15日には遠出して人工の明かりのない所で<月の影響を避けつつ>ふたご群を楽しむというのはいかがでしょうか。<極大付近の1時間ごとの太陽黄経を、日ごとの太陽黄経・日の出入り時刻の下に入れました>
 1年の最後の主要群に挙げられるのが「こぐま座流星群」です。あまりコンスタントな活動をしない群ですが、火球を含む突発的な出現をすることがありますので、観測は欠かせません。極大は、23日頃、輻射点は(α=220°、δ=+75°)、こぐま座のβ星のあたりです。この頃は月の影響がないので防寒対策をしっかりして見てください。
 ふたご群と同じような時期に活動するのが「こじし座流星群」です。この群は昔からよく観測されております。輻射点は10日頃(α=150°δ=+35°)、20日頃(α=160°δ=+30°)というように移動していきますので、群判定には注意が必要です。なお、この群がこのまま年を明けて、輻射点がかみのけ座に移動していくと考えて、まとめて「かみのけ座群」としていることがありますが、別の群として考えるのが合理的かと思います。
 月初めには、11月後半から出現し昔からNMSの会員に観測されているχオリオン群(12/3:α=93°δ=+15°)、また、ふたご群の近くで同じような時期に活動するいっかくじゅう群(12/10:α=100°δ=+8°)などにも注目して見てください。本欄担当子のTV観測からは、上旬のうみへび群(α=123°δ=+3°辺り)も顕著でした。これらを含め、その他の小流星群について詳しい解説は、2017年の天文回報12月号に嵯峨山さんが紹介されていますので、こちらからご覧ください。
12月の月齢
12/4(水)上弦  12/12(木)満月 

12/19(木)下弦  12/26(木)新月  
12月の略歴等 
12/7(土)大雪(太陽黄経255°) 

12/22(日)冬至(太陽黄経270°)

 

天文回報2019年12月号№929を発行しました。クリックすると拡大して見られます。

「自信のない子の集まり」だった過疎地の野球部――奇跡の甲子園出場が地域を変えた - Yahoo!ニュース
ランウェイにもサステナビリティの波! 注目すべき3つの北欧ブランド

   日本流星研究会の会員の方は、下のボタンをクリックして会員の部屋に入ると、回報のPDF版をダウンロードすることができます。

 

回報は、2020年の会費納入者リストに基づいて送付していきます。お忘れの方、復会される方は、大至急事務局へお願いします。(詳しくは、「日本流星研究会のページ」をご覧ください)

 
皆さんのご意見や観測報告、回報の感想、写真やイラストなどお送りください。締め切りは、毎月10日です。次の1月号は、12月10日(火)とします。

 

内面では本当の自分や家族との確執に葛藤する一人の人間でありつつも

12月の各日0時の太陽黄経と日の出入りの時刻

(この下には、ふたご群の極大期の1時間ごとの太陽黄経も載せました

 

 太陽黄経は、日本標準時0時の値、日の出入りは東経135度に近い神戸市の時刻です(緯度:34.68° 経度:N135.18°)

 1度東へ行くと日の出・入りは、約4分早くなります。西は反対です。もちろん、緯度、標高によっても少し変わります。        <国立天文台HPより>

エルトンのマネージャー兼恋人のジョン・リード役

親しみを込めてエルトン姐さんと呼びたい唯一無二のスーパースターの半生を描いた映画『ロケットマン』が

おすすめのページ


『ロケットマン』は『ボヘミアン・ラプソディー』以上に
破天荒の振り幅が大きく激しいほど作品として面白いのは当然だけれど
アイコンシャスブームに耐えうる目もとを育むためのルーティン

article 二階堂ふみ×冨永愛のスペシャルトークセッション